梅田哲也「 ◯(しろたま)」

¥ 3,078 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうメール

    郵便局の「ゆうメール」※状況によっては普通郵便に変更する場合がございます。

    全国一律 250円

※3,800円以上のご注文で送料が無料になります。

再入荷についてお問い合わせをする
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

ライブパフォーマンスやインスタレーションなど、様々な形態で作品発表を続ける作家、梅田哲也。
本人による音楽CD『サントラ』と、渡邉寿岳による映像作品DVD『時間のそこ』の2枚組セット。

『サントラ』
2006-2009年の録音。ジャケットに記載されている素材からは想像できないほど、その音はクリアで生命力に満ちている。
インスタレーションを使っての録音やロンドンでのワークショップでの録音などを含む5トラック。

 1. ステン℃ (2007年、作業部屋にて)
 2. メッス  (2008年、フランス)
 3. 泡 (2009年、札幌)
 4. 教室4 (2008年、茨城)
 5. lonkama (2006年、ロンドン)

『時間のそこ』
2007 年サンフランシスコ市街各所で行われた、展覧会、ライブパフォーマンス、フィールドレコーディングなどを含めたプロジェクト『Waitool Sounds』の記録と、2008年茨城県アーカススタジオでの日没から夜明けまでの、2晩だけの展覧会『ミッドナイトエキシビション(門)』の記録映像 (渡邉寿岳による撮影)を基点に、
ライブパフォーマンス、作品の記録映像、梅田自身の撮影したショートフィルムの断片、フランスの風景、ウィーンの空間、舞鶴の海、地下でのレコーディング風景など、様々な場所で様々な人の手を介して撮影された映像をカットアップした作品。
朝と夜が混じり、町、音、光、たくさんの風景が重なる。
ドキュメンタリーでも、物語でもない。
時間軸や、主人公すらいない。
まるで音の粒の集まりのような、映像作品。
エンジニアの西川文章の整音による高音質なサウンドトラックにも注目。